Diving in the ocean
 

ダイビングには耳抜きが大切

ダイビングを楽しむ時には耳抜きが大切です

ダイビングには耳抜きが大切 ダイビングは酸素ボンベを背中に背負って40分から50分ほどの時間の中で水中散歩を楽しむことが出来るマリンスポーツで、ランセンスを取得することで海外の海でもダイビングを楽しむことが出来るようになります。
尚、ラインセンスがない場合には国内の海でも楽しむことが出来ませんが、沖縄などの島などに行くと、体験コースが用意されており、ライセンス資格を持たない人でも楽しめるようになっています。
但し、体験コースと言うのは人間にとって水圧の影響を受けにくい水深でのダイビングであり、数メートルの水深の中で体験をすることが出来るようになっています。
尚、水圧により人間の体は水中で様々な影響を受ける事になりますが、その一つに鼓膜への水圧による圧迫が在ります。
水深が深くなるほど水圧の変化により、鼓膜は押される事になり、この時痛みを生じる事になります。
しかし、耳抜きと呼ばれる方法で水圧による影響を回避させることが出来ます。
風邪をひいた時など、耳の聞こえが悪くなった場合、生唾を飲み込むと耳の通りが良くなり聞こえが良くなることが在りますが、これを同じような事を水中で行う事を耳抜きと呼び、ダイビングを楽しむ時には耳抜きが出来ないと痛みにより続けることが出来ません。

体験ダイビングに必要な予算

体験ダイビングを利用する際は、大体どの程度の予算が必要になるのか調べておくと便利です。
場合によっては学生割引やホテルへの無料送迎等の特典もついていますから、利用前にどの体験ダイビングツアーが利用しやすいかを判断できるでしょう。
基本的な予算は大人1人あたりで1万~1万5千円程度を見積もっておくと良いでしょう。
実際に行われるツアーによってある程度の変動はありますが、どのツアーでも2~3か所を巡る形であったり、海中での写真撮影や魚への餌やり等も楽しめたり、ボートで現地まで移動出来たりといった特色を活かした体験ダイビングを実施しています。
ちなみに、ツアー費用は現地で現金により支払う形になりますので、基本的にカード払いを利用する事はできません。
予算を立てる際は、旅行費用として事前に支払っておく様々な費用とは別に、現金で体験ダイビング用の費用を用意しておく必要があります。
なお、学生割引を利用する際は、学生である事を証明できる学生証等の身分証明書を用意しておきましょう。
スタッフの確認が取れれば、通常より割り引いた料金でツアーに参加できますので、比較的低予算で海中世界を楽しめます。
修学旅行の思い出にするだけでなく、卒業旅行等の記念での利用もできる気軽なツアーです。

check

スプリックスで働く社員・元社員の口コミ情報

スプリックスの口コミを多数掲載しています。

 
 
Copyright (c) 2016 Diving in the ocean. All rights reserved.